モンゴル向けATAカルネの発給が開始されました
ATAカルネについて
JCAA 社団法人日本商事仲裁協会のサイト
モンゴル査証について
駐日モンゴル大使館のサイト。
三菱東京UFJ銀行
本日の外国為替レート
モンゴル通貨換金レート
ハーン銀行のサイト
現地の情報
在モンゴル日本国大使館のサイト
2006年7月1日より新たに、モンゴル向けにATAカルネの発給が開始され、免税による一時輸出入通関が可能となりました。詳細はJCAAのサイトをご覧ください。
査証の申請
2010年から日本人の短期間の入国に対し査証が免除されます。詳しくは駐日モンゴル大使館でご確認ください。
報道許可
モンゴル国内での取材、撮影活動には、外務省発行の報道許可が必要です。 詳細は弊社までお問い合わせください。
撮影機材のレンタル
モンゴルでは一部を除き、撮影機材等のレンタルは確立していりません。日本からお持ちいただくことをお勧めしております。
レンタル可能なもの●スタジオ●照明●クレーン&レール●発電機●ケーブル類●詳しくはお問い合わせください。
フィルムの現像
コダクローム、エクタクロームなどポジフィルムの現像はモンゴル国内では出来ません。 最も近い現像所は中国の北京になります。
現地通貨(トゥグルグ)への換金
日本円をはじめ、米ドル、ユーロ、中国元などから、現地通貨への換金が可能です。 手数料等を考えると、日本円から現地通貨へ直接換金したほうがお得です。 現地通貨への換金レートはハーン銀行のサイトでお確かめください。

モンゴルの気象

本日のウランバートルの気象情報は右のとおりです。

モンゴルは内陸性気候で日中と夜間の温度差が大きく、真夏でも夜間は10度以下になる場合があります。
モンゴルの1年は、大きく夏季と冬季に区分けることができます。夏季は6月から8月、冬季は10月から4月と考えてよいでしょう。
5月、9月は季節の変わり目にあたり、その年によって気候が異なりますが、今年(2006年)のウランバートル初降雪は9月上旬でした。
初春の5月に入ると強風(黄砂の季節)が吹く事が多く、天気に左右されるロケには不向きでしょう。
 
Click for Ulaanbaatar, Mongolia Forecast

上の画像には・・・

ウランバートルの太陽の出没時刻、月の出没時刻、天候、観測時刻、気温が表示されます。


草原の緑
通常モンゴルでは8月は秋と位置づけられており、草原の緑は雪解け後の6月から8月いっぱいで、8月下旬から9月上旬あたりから草木は色づいていきます。(地域によって前後します)
10月に入ると日中の最高気温も氷点下になりる地域も出てきます。11月以降は一度降った雪は日中でも熔けることなく、草原は一面白くなってしまいます。
 

モンゴル国内の移動
主要都市には国内線が週1〜3便運行しています。
また、ウランバートルから南北国境まで列車を利用することができます。
国内線や列車が利用できるエリアはまだまだ少なく、大半のエリアへは陸路(4WD車での)移動となります。 
EZNIS航空
MIATモンゴル航空
アエロモンゴリア航空
 

Earth Google でロケハン
Googleが提供する地理空間情報ソフトです。
モンゴルの地形が3Dで確認できます。
下記リンクからEarth Googleサイトへ移動し、専用ソフトをダウンロードしてください。
Erath Google